Somewhere in the Arctic

北欧、在住10年目。家の窓からオーロラが見える、雪深い北極圏近辺でひっそり暮らしています

「お箸の使い方上手ですね」と褒めることが褒めているとは限らないのです

先日、日本にいる母と電話で話している時にこんなやり取りをしました。

 

母 「先日、買い物に行った時に生地売り場の前で外国の人が日本語のマスクの作り方を見ながら生地を探していたのよ。日本語で見て作るなんて凄いわよね。」

そこで私は「ん?」となりました。

私 「えっ、ちょっと待って。どうしてその人が話したこともないのに日本語がわからない前提で、外国人だって思うわけ?」ととっさに反応してしまいました。

母は何の悪気もなく凄いって思ったことを私に話しただけで、なんでそんなことを聞くのという感じでした。

私は続けました。
「まずその人が見た目だけでは外国から来た人かそうでないかはわからないし、もしかしたら日本で生まれて日本語しか話せないかもしれないし、外国からきて日本に住んでいる人だけど何十年も日本に住んでいて日本語に不自由なく暮らしているってパターンもあるでしょう?」

母は少し考えたあとにそっか〜と納得したようでした。

続きを読む

そして一年 止めたことと始めたこと

そして一年

少しずつ日も長くなってきて春が近づいてきているように感じます。

来週末には夏時間に変わる。夏時間、止めるなんて話もあったように聞いたけど今回はまだ続くようです。

まだまだ雪深い風景ですが、仕事への行き帰りの空が明るいことに嬉しくなります。

 

もう去年の今頃、パンデミックが起こったと書いてから一年経ちました。

一年後はどうなっているかなんて想像もできませんでした。

続きを読む

アルバイトの思い出から買ったもの

 

先日、NHKのどうしてそのバイトやっているんですか?というを番組を見ました。

番組に登場されていた方がどういったバイトをやっていて、またそのバイトについて色々話をするという番組でした。ちょっと珍しい仕事をされている方のお話も聞けたり、楽しんで見ることができました。

それぞれ皆さん色々な理由があってお仕事されていると思いますが、そんな中出演されている皆さんの「好き」が詰まっていて素敵だなと感じました。

アルバイトって結構選ぶ際に自分の好きなものから選ぶ方って多いのではないでしょうか?例えば、「あのケーキ屋さんのケーキが好きだからあそこで働いてみたい」みたいな。もしくはあそこのケーキが沢山食べられるかもしれないなんて期待も抱きつつ。。

私もそんな自分の「好き」から選んだアルバイトばかりでした。

続きを読む

時間の流れをふと考えて2020年振り返り。そしてこれから

年の区切りがあるっていいなと思えた2021年の始まり

 
1年が約365日かけて巡ると発見したのは今から約6,000年前の古代エジプトの人らしい。星の見え方が約365日で一回りしていることをこんなにも前の人達が発見していたなんて本当に凄い大発見。

地球が約365日かけて太陽の周りを一周するということを発見し、でも古代エジプトの人たちが作った365日のカレンダーが少しずつずれてしまっていることに気づいて、約2,000年前に、4年に一度、「うるう年」を作ることで調整することにしたってことが今でも続いているって思うとなんだか、時の流れってつながっているんだなってしみじみと感動してしまった。

 

そんな時間の流れについての子ども向けの面白いページを見つけました。
とてもわかりやすく書かれています。

1年が約365日だと発見したのはどこの人? ★ 時のハテナにせまる!! ★ キッズタイム ★ 時と時計を楽しくまなぼう

 

普段生活している中で、季節を感じたり、月を感じたり、時間を感じてそしてそれに沿って毎日を当たり前のように過ごしているのだけど、なんか今回は初めて2020年から2021年に変わったことでなんか「2020年、終わってくれたよ」とほっとした気持ちになったような気がします。

もちろん気持ち的な問題なのだけど、年が変わったことで、「今年はこうしたい」とか、いい年になりますようにとか挨拶しあったりすることで、「さあ、また仕切り直して頑張りますか」みたいな気持ちにさせてくれるから不思議なものです。仕切り直しって大事。

続きを読む

2020年 買ってよかったもの


  • 「買う」という行動を決断するまでのひとり会議
  • 2020年の買って良かったもの
    • 1.シット オン カヤック
    • 2.ハリオ コーヒーサーバーセット&フレーバーコーヒー
    • 3.マグネティックソープホルダー
  • 過去の買ってよかったもの

 

続きを読む

New Normalなデジタルでゆったりなクリスマス

2020年はNew Normalなクリスマス

f:id:arcticmaricorima:20201228033926p:plain

(毎年飾られる町のツリーはスウェーデンの国旗がついて少しだけレベルアップ)

今年もクリスマスが終わり、2020年も残りあとわずか。

今年は今までとは違ったクリスマスの過ごし方をされたという方が多かったのではないかと思います。

 

私も少なからずそのひとり。

ヨーロッパ域は引き続き新型コロナウィルスの感染が広がっているという状況もあって、スウェーデンでは国からもできるだけ不必要な移動、また大人数での集まりは控えるようにと言われています。

続きを読む

北欧在住OLのカバンの中身 2020年版

カバンの中身

 

カバンの中身という特集や記事を見つけると気になって読みたくなります。

 

持ち物を通じてその人の暮らしや考え方が見えたり、同じものを持っている人でも、持つ人によってその人の個性が写真や文章から現れてくる感じが好きでつい読んでしまいます。

お気に入りのコラムは、北欧暮らしの道具店さんで特集されている「わが家の朝支度」というコラムです。
朝の支度とあわせて出かける際のカバンの中身を公開するコーナーがあって、素敵な暮らしぶりを少し覗かせてもらっているようで、楽しく読ませてもらっています。

 

hokuohkurashi.com

 

以前に、はてなブログを始めた時に初めて今週のお題という特集に挑戦し、書いてみたバッグの中身。

arcticmaricorima.hatenablog.com

生活スタイルや仕事も変わり、この頃から中身が大分変わっているので、2020年現在の、カバンの中身を改めて書いてみたいと思います。

 

続きを読む