Somewhere in the Arctic

北欧、在住8年目。家の窓からオーロラが見える、雪深い北極圏近辺でひっそり暮らしています

シナモンロール

IMGP1706_convert_20120317054617.jpg

 先日、友人からお寿司の作り方を教えてほしいというリクエストを

頂き、お寿司教室を行いました。

 

参加してくれたのは、私を併せて4名。

お米のとぎ方から巻き方、どんな具が合うかなど。

 

日本の様な具材はこちらでは全部手に入りませんが、

本格的お寿司というよりも食べやすいようにと

シンプルな形で、楽しんで作れるように。

 

本当に次回は自分で作りたいと思っている人たちの集まりで、

どんな材料を買ったらいいのかなども、写真に収めて、酢や砂糖の

配合などもしっかりメモをしてくれ、とても嬉しかった。

 

 

こう言った機会があると、おいしいものを提供したいと

頭の中が食べ物のことでいっぱいになります。

 

そんな友人のお家へ差し入れに持っていったのが、写真の

シナモンロール。

こちらは映画の「かもめ食堂」でも使われていた巻き方で

焼きました。

 

日本にいた頃、高校生の時に、地元にあったシナボンという

アメリカからの甘ーいシナモンロールがシナモンロールとの

出会いの始まり。

 

すごく甘いのだけど、やみつきになってしまった。

でも、残念ながら、神戸の店は閉店してしまい、久しぶりに去年、

ハワイで結婚式を挙げた時に食べて、とても懐かしい味に嬉しくなりました。

 

そんな、シナモンロール。

もとはこちらが発祥の地らしい。

アメリカのシナモンロールとは違い、カルダモンが入っていて、

また独特のスパイスの香り。

こちらのカフェだとどこでも置いている定番メニューです。

 

でも、やっぱり自分で焼くのが、焼き立てが食べられて

美味しいかな。