Somewhere in the Arctic

北欧、在住8年目。家の窓からオーロラが見える、雪深い北極圏近辺でひっそり暮らしています

何でも組み立ててしまう国の人々

IMGP1733_convert_20120404171610.jpg

 

 あっという間に4月。

日本ではもう桜も咲いてきているのでしょうか。

4月いえば、桜の季節~と感じる日本の春ですが、こちらは

また寒く逆戻り。

今朝はマイナス8度まで逆戻り・・・

 

上の写真は午後19時頃の写真。

日も長くなり、19時頃までこんなに明るくなってきました。

冬の間は日照時間が3時間ぐらいということもあり、明るい時間が

再び長くなっているのはとても嬉しいことです。

 

せっかく暖かくなり、道の氷も解けてきたと思っていたので

自転車を週末に購入しました。

 

数週間前から、こちらの大学と企業が提携しているプログラムに

応募し、参加させてもらえることになりました。

語学に加えて、こちらの社会について学んだり、体験するプログラムです。

 

というものの、行われている場所まで毎日片道35分程かけて

歩いて行っています。

 

バスという手もあるのですが、立地上遠回りに・・

いい運動だし、音楽でも聞きながらと思って毎日歩いていたのですが、

雪も解けてきたし、自転車の方が速くて、これからも夏に向けていいかなと。

 

ビックリしたのが、自転車も購入し自分で組み立てないといけないこと。

 

そんな器具もないので、店頭に飾っているきれいな物を選び、レジに行くと

別途組み立て費として3000円程取られました・・・

 

IKEAが何でも組み立てないといけないのは、安いからだと思っていましたが、

日本よりも高い自転車でも組み立ては自分なのね・・(泣)

 

夫ともなぜ日本の自転車はあんなに色々と安いものから高いものまで

そろっていたのだろうという話になりました。

 

その分日本で働いていた時に思ったのが、中古自転車の輸出のすごいこと・・

やっぱり人も多いし、お手頃な価格なので、乗り換えてしまう人も

多いのでしょうか。

 

こちらだと、「いつの時代の自転車ですか?」みたいな、自転車を

乗っている人をたまに見かけます(笑)

 

本当に何でも自分で組み立ててしまう国の人達です。