Somewhere in the Arctic

北欧、在住7年目。家の窓からオーロラが見える、雪深い北極圏近辺でひっそり暮らしています

こうして繋がっていくって思うと楽しい。

 
先日更新した記事、沢山の方が読んでくださったようで、どうもありがとうございます。
 

 

 
4月からブログを始めて、1桁、2桁のアクセスだったブログに2日で1000pvを超える沢山のアクセスがあり、最初は自分のブログが壊れたのかと思いました(笑)
 
後でちゃんと見てみると、おすすめの記事に載せていただいていたようで、アクセスを意識してブログを書いているつもりではなくても、沢山の方が足をとどめて、覗いてくれたかと思うと嬉しい気持ちになりました。どうもありがとうございます。
 
そして、私の記事を、ご自身のブログで記事として書いてくださった方がいて、また記事を読んで感じたことにまつわるご自身の話も書かれてあって、楽しんで読ませて頂きました。
 
 
 
さて、私は沢山の選択肢があると選べなくなってしまう人間です。いつも、みんなどうやって沢山の選択肢から絞って、1つに決めているんだろうと興味が湧きます。
 
 
2つか3つぐらいに絞ってもらっていると選べるのですが、選べる方が沢山合った方がいいと思うものの、沢山ありすぎると、選べずに立ち尽くしていくらでも迷うことが出来る人間です。


 
相手に聞かれた時に、「何でもいい」と言われるのは相手も困るだろうなと思うので、色々頭の中を回転させて何か答えを出そうとするのですが、逆に、選択肢を狭めてもらえる質問を相手にしたり、または相手がどうしたいかを聞いて、その希望に見合った選択肢を選ぶことが多いです。

 
なので、自分で選ぶときは、あまり選択肢の多いところには行きません。
買い物はある程度買うものを決めて出かけますし、レストランでも、メニューが沢山ありすぎると選べなくなってしまうので、店員さんのおすすめを聞いたらそのままそれを。
 
友人とごはんを食べにいっても、決まっていなくても、店員さんを呼んでもらって、追い込まれて勢いで決める方法でメニューを選びます(笑)
 
 
つまり何が言いたいのかといいますと、沢山のブログを書いている人がいても、沢山ありすぎると選べなくなってしまうのです。
色々な人の書いたものを読んでみたいなと思うものの、沢山ありすぎると選択できず疲れてしまう自分がいます。また探すのも大変。
 
 
なので、こうやって記事を読んでくれた人がいて、足をとどめてくれた人がいると、逆にその人がどういうことに興味があって、書いているのかななんて形で、お邪魔させてもらって、読ませてもらえるって、本当面白いし、選びやすいなと思う自分がいました。

 
どんなところにいても、世間のニュースではなく、個人が感じて書いた物を読めるなんて、すごい世の中になったなと感じた一日でした。
 

f:id:arcticmaricorima:20180513231720j:plain

今日の一枚。
急に週末に20度近くまで気温が上がった北の国。
週の始めは5度とかだったのに、差が激しすぎてビックリです。
でも、今年は雪が多すぎて、雪がまだ20度でも見られるという不思議な世界。
今日は外でサンドイッチとコーヒーを持って、ピクニックをしました。