Somewhere in the Arctic

北欧、在住9年目。家の窓からオーロラが見える、雪深い北極圏近辺でひっそり暮らしています

【2020年】明けましておめでとうございます &ミニマルなクリスマス

2020年、明けましておめでとうございます

f:id:arcticmaricorima:20191231235628j:image

 

歳を重ねれば重ねるほど、一年があっという間だったと言うことを毎年感じています。

確かに5歳の子どもの1年と、50歳の人の1年では当然割合が違うので、歳を重ねる事に、1年が早く感じるのは当然のことなのかもしれません。

 

2019年の最後の日に記事を書こうと思っている間に、2020年になってしまいました。

 

明けましておめでとうございます。

 

80年代、90年代と10年ごとに分けてその世代について話をする事がありますが、さて、2020年。どのように語られていくのでしょうか。20年代?そして令和時代?とでも呼ばれて語られていくのでしょうか。

 

年代を振り返ると、10年前には無かったものが今ではあって当たり前のような、急速な変化の時代に私たちは住んでいます。

 

時代の波に呑み込まれず、その時その時、自分で考えて見極めるように、そしてその変化を楽しめるように生きていきたいなと思います。

 

 

クリスマス休暇の過ごし方

 

スウェーデンではクリスマスが1年で最も大きな行事の一つといえるので、クリスマスが過ぎると1年が終わったと言う感じでほっとして、ゆっくりと家で新しい年を迎えることが私たちの定番になっています。

大晦日の日は朝から2019年最後の締めくくりにヨガに行き、心も身体もスッキリ。

夜はちょっといつもより奮発した食材を買って、家で美味しいごはんとワインを頂きながら、0時に上がる花火をベランダから眺め2020年を迎えました。

去年は、二人共ひどく風邪を引いていたので、今年は元気に年を越すことが出来てよかったです。

 
風邪を引いて寝込んで始まった2019年。

arcticmaricorima.hatenablog.com

 

クリスマスは例年通り義姉の家に親戚が集まって過ごしました。

去年にクリスマスの過ごし方について記事を書きましたが、移住してきてから数年は楽しいイベントにも関わらず、どこか寂しさや虚しさ、またストレスを感じる箇所が度々ありましたが、年を重ねるにつれて自分が快適だと思うクリスマスの過ごし方を見つけ、楽しめるようになってきました。

 

サンタクロースと離れて迷子のトナカイが迷い込んできたかのようなおとぎばなしの様な光景をクリスマスの翌日に見つけました。

f:id:arcticmaricorima:20191231235918j:image

 

 

去年のクリスマス

arcticmaricorima.hatenablog.com

 

 自分なりに快適なクリスマスの過ごし方を書きました。

arcticmaricorima.hatenablog.com

 

私は出来るだけミニマルな形でイベントに参加して、楽しみたいという思いがあります。

私たちは、親戚の子ども達へのプレゼントは持って行きましたが、夫婦間でのクリスマスプレゼント交換はせず、親戚一同で行うクリスマスプレゼント交換ゲームのみでプレゼントを頂きました。

プレゼント交換ゲームも、ゲーム中にプレゼントを開封してから争奪戦というゲーム形式のため、出来るだけ自分が欲しいと思うものをもらえるように頑張りました(笑)

今回は、小さな手動泡だて器をゲットできました。

 

今年もどうぞ宜しくおねがいします

マイペースで、自分の思いをつれづれと書いたブログではありますが、数あるブログの中からご訪問くださった皆様、そして足跡を残していってくださった皆様、どうもありがとうございます。

昨年は初めてコメントを頂いた方もいて、とても嬉しかったです。

訪問してくださったことをきっかけに新しいブログとも沢山出会うことが出来ました。

 

体調を壊し、病気になり、心身ともにマイナスからのスタートとなった2019年でしたが、少しずつ元気になり、毎日の地味な生活が大事であること、そして大切にしていきたいということを改めて感じることができました。

2020年はその時のことを忘れずに、大きく体調を崩す前に自分で上手くメンテナンスできるようにしていきたいなと思います。

 

お互い、2020年が素敵な年になりますように。