Somewhere in the Arctic

北欧、在住10年目。家の窓からオーロラが見える、雪深い北極圏近辺でひっそり暮らしています

夏休み2021 備忘録3 Vaxholmであれこれ

2021年夏休みの続きです。2はこちら。

arcticmaricorima.hatenablog.com

Vaxholmのレストランで夜ごはん

 

さて、B&Bの宿泊プランに含まれていた、3ディナーコースを食べに予約していたレストランへ。

Hamnkrogenというレストラン。

www.hamnkrogenvaxholm.com

レストランには3コースディナーが二種類あり、どちらかをレストランで選べるというものでした。コース料理は宿泊プランに含まれていましたが、飲み物は別料金だったので、お店では飲み物代のみ支払い。
島自体が小さいこともあり、選べるレストランの数も限られているので、ドロップインでたくさんお客さんが来ましたが、皆さん予約でいっぱいということで断られていました。夏のハイシーズンの訪問の際は予約をおすすめします。

 

夏から国内、またEU圏内からの旅行者の数が増えたにも関わらず、人手不足が問題になっています。長い間こんな状況で大変だったレストランやホテル業界。解雇されたり別の仕事を見つけた人も多いので、再び旅行をする人や外食する人が増えて来ている中、働き手を見つけることが大変なようです。

こちらのレストランも当日はスタッフが足りないようで、お料理に時間がかかっていたようでしたが、それを感じさせないように、お料理の間にお口直しのシャーベットを持ってきてくれたりと気遣いが感じられました。お料理も美味しく、待ち時間もワインを飲みながらレストランの雰囲気や、また会話を楽しみながらゆっくり過ごすことが出来ました。ディナーコース付き宿泊プランを選んで良かったなと思います。

f:id:arcticmaricorima:20210926231627j:plain

メインのお肉料理。


最終のお城へ戻る船の前に島へ戻らなくてはと20時にはレストランを後にし、再び宿泊施設のある島へ。
宿泊した当日はそこまで暑い気温ではありませんでしたが、建物自体空調などはないので、暑い夏に宿泊するのは部屋が暑く感じられるかもしれません。

f:id:arcticmaricorima:20210926232602p:plain

お部屋の様子(HPより)

部屋にはテレビがなく、また館内もとても静かだったので、私たちも旅の疲れもあり早めに就寝。

朝食はお城内の一室で。

屋外でも食べられるということで、今回は外で朝食を頂きました。

 

f:id:arcticmaricorima:20210926233121p:plain

朝食会場(HPより)


ストックホルムへ戻る船も時間が限られているということもあり、午前中にはVaxholm島を後にし、ストックホルムへ戻りました。

ストックホルム到着後は公園でゆっくりしたり、地元では飲めないタピオカミルクティーを飲んだり、町をぶらぶらしてゆっくり過ごしました。

この日は30度近くあったので、冷たいミルクティーがとても美味しかったです。

f:id:arcticmaricorima:20210926233845j:plain

ストックホルム中心地にあるタピオカミルクティーのお店

久しぶりの都会に、ただ町を歩いているだけでも浮かれてしまうお上りさんでした。
(実際は北から南へ行ったので下ってますが笑)

 

夏休みの思い出に長々と浸って日記を書いておりましたが、この日記を書いている今はあっという間に季節は秋になり、周りは紅葉した木でいっぱいです。さて、これからは秋ならではの楽しみを見つけつつ、この季節をまた乗り切りたいなと思います。

 

 

読んでいただき有難うございました。