Somewhere in the Arctic

北欧、在住10年目。家の窓からオーロラが見える、雪深い北極圏近辺でひっそり暮らしています

夏休み2021 忘備録3 Vaxholmであれこれ

2021年夏休みの続きです。2はこちら。

arcticmaricorima.hatenablog.com

Vaxholmのレストランで夜ごはん

 

さて、B&Bの宿泊プランに含まれていた、3ディナーコースを食べに予約していたレストランへ。

Hamnkrogenというレストラン。

www.hamnkrogenvaxholm.com

レストランには3コースディナーが二種類あり、どちらかをレストランで選べるというものでした。コース料理は宿泊プランに含まれていましたが、飲み物は別料金だったので、お店では飲み物代のみ支払い。
島自体が小さいこともあり、選べるレストランの数も限られているので、ドロップインでたくさんお客さんが来ましたが、皆さん予約でいっぱいということで断られていました。夏のハイシーズンの訪問の際は予約をおすすめします。

 

夏から国内、またEU圏内からの旅行者の数が増えたにも関わらず、人手不足が問題になっています。長い間こんな状況で大変だったレストランやホテル業界。解雇されたり別の仕事を見つけた人も多いので、再び旅行をする人や外食する人が増えて来ている中、働き手を見つけることが大変なようです。

こちらのレストランも当日はスタッフが足りないようで、お料理に時間がかかっていたようでしたが、それを感じさせないように、お料理の間にお口直しのシャーベットを持ってきてくれたりと気遣いが感じられました。お料理も美味しく、待ち時間もワインを飲みながらレストランの雰囲気や、また会話を楽しみながらゆっくり過ごすことが出来ました。ディナーコース付き宿泊プランを選んで良かったなと思います。

f:id:arcticmaricorima:20210926231627j:plain

メインのお肉料理。


最終のお城へ戻る船の前に島へ戻らなくてはと20時にはレストランを後にし、再び宿泊施設のある島へ。
宿泊した当日はそこまで暑い気温ではありませんでしたが、建物自体空調などはないので、暑い夏に宿泊するのは部屋が暑く感じられるかもしれません。

f:id:arcticmaricorima:20210926232602p:plain

お部屋の様子(HPより)

部屋にはテレビがなく、また館内もとても静かだったので、私たちも旅の疲れもあり早めに就寝。

朝食はお城内の一室で。

屋外でも食べられるということで、今回は外で朝食を頂きました。

 

f:id:arcticmaricorima:20210926233121p:plain

朝食会場(HPより)


ストックホルムへ戻る船も時間が限られているということもあり、午前中にはVaxholm島を後にし、ストックホルムへ戻りました。

ストックホルム到着後は公園でゆっくりしたり、地元では飲めないタピオカミルクティーを飲んだり、町をぶらぶらしてゆっくり過ごしました。

この日は30度近くあったので、冷たいミルクティーがとても美味しかったです。

f:id:arcticmaricorima:20210926233845j:plain

ストックホルム中心地にあるタピオカミルクティーのお店

久しぶりの都会に、ただ町を歩いているだけでも浮かれてしまうお上りさんでした。
(実際は北から南へ行ったので下ってますが笑)

 

夏休みの思い出に長々と浸って日記を書いておりましたが、この日記を書いている今はあっという間に季節は秋になり、周りは紅葉した木でいっぱいです。さて、これからは秋ならではの楽しみを見つけつつ、この季節をまた乗り切りたいなと思います。

 

 

読んでいただき有難うございました。

 

 

夏休み2021 備忘録2 ストックホルム市内からVaxholmへ

2021年夏休み。1はこちら。

arcticmaricorima.hatenablog.com

 

Vaxholm(バックスホルム)島へはストックホルム中心から船で約1時間。

到着した飛行機の時間の関係と、船の時間を考えると、港の近くのホテルで一泊してから朝一で島に向かおうということになりました。

 

今回初めて泊まったホテル、Hobo

hobo.se
Hoboとはアメリカで、1930年代辺りに世界的不景気だったころに、働きながら渡り歩いていた渡り鳥労働者のことを言っていたそうです。今のノマド的な始まりの言葉にもあたるかもしれません。部屋は木が沢山使ってあったり、ホテルの内装も遊び心もありつつ、シンプルなホテルでした。また朝食が、最上階にある夜は、日本のインスピレーションを受けた北欧の創作料理を提供しているレストランTakで頂きました。

Tak(ターク)とはスウェーデン語で天井を意味する言葉でもあり、レストランは最上階にあり、ストックホルムの朝の町の景色を眺めながらの朝食となりました。

 

f:id:arcticmaricorima:20210824171206p:plain

朝食時の景色。ストックホルム市庁舎が見えました。



あまり内容を知らずに行ったものの、日本がコンセプトのレストランだからか、朝食メニューは英語と日本語で書かれていたり、朝からご飯やみそ汁、お漬物などが食べることが出来て、なんか心がほっとしました。あのお味噌汁を飲んだ時の安心感。生き返ります。

その他、パンやグリーンスムージー、コーヒーもとても美味しくて、大満足の朝食でした。また朝食だけ食べに来たいぐらい。
食器もちょっと和風テイストだったり、また各テーブルにはお箸も用意されていました。

f:id:arcticmaricorima:20210824171444p:plain

Takにて朝ごはん。コーヒー用のミルク入れもなんか徳利っぽい。


丁度キャンペーン中に予約してあったので、お値段もお手頃で朝食付き。二人で750Kr。約9000円でした。ストックホルム市内中心地にあるにもかかわらず、Vaxholmへ行く港へも徒歩で行け、満足の滞在でした。

 

さて、腹ごしらえもしていざ、出発。

港はノーベル賞受賞者が泊まる、グランドホテルの前辺りにあり、色々なストックホルム郊外の島へ船が出ています。

沢山の船が色々な島へ出ているので、行先は要チェックです。

 

f:id:arcticmaricorima:20210824171714p:plain

f:id:arcticmaricorima:20210824171759p:plain

背景にはグランドホテル


お天気にも恵まれ、気持ちい風を浴びながら、ゆらゆらと一時間。
この目的地に着くまでの船からの景色を眺める時間が、今回の楽しみの一つでもありました。自然の景色だったり、ストックホルムの島にある数々の豪邸を眺めたり、通り過ぎる船やヨットを見たり。


今回のVaxholm島のメインは、お城のB&Bに泊まること。

kastelletvaxholm.se

 お城はVaxholmのメインの島になく、少し離れた小さな孤島にポツンとあります。
メインの島とその孤島間は、小さなボートが定期的に行き来しており、そのボートに乗ってお城へ向かいます。

可愛い黄色のボート。その後ろに見えるのが私たちが泊まったお城のB&Bです。

https://3yl3ykkf550p5m07l9lscnyy-wpengine.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2018/07/Linf%C3%A4rjan.jpg

(HPより)


夏の間は運航している時間も長く、といっても最終が21時。これを逃すとB&Bには帰れません。
ホームページにも、そして宿泊にあたっての注意事項などのメールにも気を付けるようにと何度も書かれていました。それでも最終便を逃す人がいるのでしょうね。。水上タクシーもあるみたいですが、島々間はこの黄色い船で5分程度。プライベート水上タクシーを呼ぶのもためらう距離ですね。。

島に着いたのがお昼前。バックパックだけでも預かってもらえないかと、一度お城へ向かいました。スタッフらしき人はおらず、受付には、たくさんの封筒とその封筒には名前が。封筒の中に鍵が入っていて、もう部屋には入っていいようでした。B&Bなので、施設はとても簡易的ですし、部屋にはテレビもありません。共同のシャワー、トイレで、また古い建物なので、音漏れがひどいため、大声で夜は話さないように、外でお酒は飲まないように、また木造のところも多いので、絶対に火は使わないでなどたくさんの注意書きがありました。なんか学校の修学旅行にに来たみたい。

日中は博物館として開放されているので、観光客もたくさん見られますが、夜は宿泊者のみしかその島にはいないので、とても静か。島の周りを一周するのも15分あればできてしまいます。

夕方と朝に散歩しました。

f:id:arcticmaricorima:20210824174456p:plain

向こうに見えるのがVaxholmのメインの島

f:id:arcticmaricorima:20210824174919p:plain

大砲がたくさん


今回は一泊と、Vaxholmのメインの島にあるレストランのコースディナー、朝食付きというプランを選びました。レストランの予約は18時。それまで島内をぶらぶら歩いたり、屋外カフェでお茶したり。そんなにお店など見るところがあるというよりは景色を楽しむという場所で、ベンチに座って海を眺めているとなんか眠くなってきて、うとうと(笑)
平和な時間が流れていました。

 

歩いて、お腹も空かせたところで、夜ご飯へ。次回へ続きます。

 

 

 

夏休み2021 備忘録 さあ、島へ行こう

明るかった白夜も過ぎ、先日は綺麗に煌々と照るお月様が空に見えました。
星が見えなかった明るい空だった夜空。そろそろ星や月が再び見え始めると思うとそれはそれで嬉しいものです。

満点の夏の星空を見たくて、スウェーデンへ引っ越す前の夏に北海道へ足を運びました。都会から離れた宿を取り、そこから眺めた満天の星空。8月の夏の北海道の星空は今でもたまにふっと思い出すことがあります。

北スウェーデンでも冬は満天の星空が見えますが、マイナス25度とかになると万全の防寒対策をしていても何時間も外での星空鑑賞は難しく、ごろりと横になってぼーっと星を眺めるのはちょっと危険。また夏は明るくて見えませんので、夏に見ることのできる星はなかなか鑑賞が出来ず、星、天体好きな私たちはちょっとこの白夜の夏が寂しく感じることもあります。無いものねだりになってしまいますが、夏の満点の星空をまた近々見れればいいなと、お月様を見ながら思いました。

 

さて、夏休み


今までにも書いたことがありますが、スウェーデンの夏休みは長く、子どもは6月半ばから8月半ばまであるため、それに合わせて、子どものいる家庭は4週間から8週間取る人が多く、働きモードが一気になくなるスウェーデン社会。

問い合わせをしても「夏休みなので担当者がいません」と言われることにはもう慣れたので、私もこの時期に便乗して取ることが一番気兼ねなくとれるのだなとやっとこの社会の雰囲気に慣れてきたように思います。

そんな私の2021年夏休みは3週間。他の同僚はみんな4週間取っているので、夏休み前の一週間はオフィスに一人。

会社で一人一週間を過ごしたのですが意外と快適でした。たまに一人の会社も悪くないなと思った一週間でした。笑


さて、今年の夏休みは何しよう。

読みたい本を読んだり、ごろごろしたり、親戚や友達にも会いたい。夏らしいこともしたいな。カヤックに乗ったり、泳いだり、スイカも食べたい。

そして今年はちょっと遠出もしたい。
去年はこんなご時世もあり、近場で過ごしました。今年はヨーロッパ圏内で旅行する人も増えたようですが、私たちは急な変更などがあったら心配したり、また落胆しそうという思いがあったので国内でどこか行けないかという話に。話し合った結果、どこかの国内の島に行こうという話になりました。すごく抽象的…

本当は結婚10周年ということもあり、結婚式をしたハワイに行きたいと結婚した当時に話していたことがきっかけで、でもハワイはスウェーデンから遠いしヨーロッパ内でと思っていたら更にそれも難しくなり。。で、たどり着いたのがもう国内でも船に乗って島に行くという体験だけで、なんか異国旅行気分だよねって流れに。

 

そうだ、島へ行こう!

スウェーデンの島で有名どころと言えば、ゴットランド島。いつかは行ってみたい場所の一つです。スウェーデン国内だけでなく海外からも訪れる大人気の夏の観光スポットですが、パンデミックになる前から大人気な島な上、今年は私たちと同じように国内で過ごすスウェーデン人が多いかもしれないと思うと、ちょっと混雑が心配。またあまり都市から離れた島だと、交通手段が少なくて大変そうだし、さて、どこに行こうと色々考えていたところ、ストックホルムにある群島が目につきました。

f:id:arcticmaricorima:20210730050117p:plain

ストックホルム群島(https://www.stockholmarchipelago.se/sv/より)



約3万もの島からなるストックホルムの群島。
首都のストックホルム市内から船で行くことが出来るにも関わらず、都会とはまた違った雰囲気の島々は、スウェーデン人の夏の観光スポットとしても人気の場所の一つです。3万もの島で成り立っているので、場所を選べば自分が安心した気持ちで旅行出来るのではと色々な島を調べてみました。

 

数々ある島々の中、今回私たちが選んだのは、Vaxholm(バックスホルム)島。
ストックホルム市内から出ている船でも片道1時間で行くことができ、他の島々と比べてアクセスのしやすさが魅力的でした。また、歴史をさかのぼること1500年代から使われていたお城の一部がBedf&breakfastとして宿泊出来るという事に興味がわき、是非泊まってみようということに。

 

いざ、島へ!続きます。


 

 

 

過去の夏休みはこちら

2020年

arcticmaricorima.hatenablog.com

 2019年

arcticmaricorima.hatenablog.com

 2018年

arcticmaricorima.hatenablog.com

 

ブログから広がった私の生活

情報がないまま移住した最初の一年

私が海外へ移住したのは10年前。当時はまだ海外で生活する人の日々をつづっているブログというものが少なかったように思います。もしくは見つけにくかったのかな。スマートフォンはまだそこまで誰もが持っているというほど浸透していませんでしたし、また海外の田舎に引っ越したこともあり、移住先の情報はとても少なかったのです。
移住当時は諸事情で、週末婚から海外生活が始まりました。夫は出張がとても多い仕事だったため、週末のみ家に帰ってくるという状況で、平日は一人で過ごすことが殆どでした。初めての土地で、誰も知っている人もいなかったので、一人時間が十分にありました。

平日は語学学校に通っていましたが、といっても一日学校があるということは少なく、半日で終わることが殆ど。課題をこなしたり、と勉強に時間を費やしていましたが、ふっと寂しさのようなことがこみ上げることもしばしば。語学学校というのはちょっと特殊な世界で、スウェーデンに住んではいるものの、スウェーデン社会に属しているという感覚はあまりありませんでした。言葉も出来なかったし、知り合いもいない。また暗くて雪深い時期が長いこの地で、あまり外に出ることもなかったため、社会との交流がとても制限されていたように思います。

 

海外に住んでいる日本人はどういった生活をしているのだろう

海外で生活する日本人の事情や生活はそれぞれ。みんな海外でどういった生活をしているのだろうと自然に色々とインターネットで検索するようになり、色々なブログを読むようになりました。本ではなかなか読むことのできない、普通にその地で生活をしている人の生活をつづったブログを読むことが楽しみとなっていきました。

ブログを通してたくさんの気づきや発見を頂きました。
日本食が手に入るような場所に住んでいなかったので、海外で手に入る材料で作る日本食を作ったという方の記事。日本では買えるものも、こちらでは買えないのでブログで丁寧に書いてくれる方の記事を参考に、餃子を生地から作ってみたり、小豆を炊いてあんぱんを焼いてみたり。パスタは重曹を入れるともちもちっとして焼きそばの麺みたいになると読んでは試して、「おお!」なんて感動したことも覚えています。言語は違えどどうやってその国の語学を勉強したか、上達させたかとか、日本のお菓子を海外の小麦粉でおいしく焼く方法など、たくさんの方の記事に助けられて、そして勝手に励ましてもらい、本当に色々な方のブログを参考にさせて頂き、色々試してブログから世界が少し広がった移住一年目でした。

f:id:arcticmaricorima:20200924171630p:plain



私がいいなと思うブログの共通点

 これまでたくさんのブログにお世話になってきましたが、私がいいなと思うブログには共通点がありました。

役に立つとか考えずにただその人が好きなこと、その日常を書いている、そして私がただなんかいいと思える文章を書いているブログ


説明が難しいのですが、なんか自分の中ですっと心に入ってきていいなと思えるブログを書いている方との出会いがあります。もちろんその方の好きなもの、おすすめのものをぜひ試してみたい、参考にしてみたいと繋がることもありますが、それが書き手の方の第一の目的という感じでは無く、その書いている事の好きさが伝わってくるブログが好きです。

その日食べたものだったり、好きなことを熱く語ったり、その土地でどういう生活をしているかや、ふと感じたことなど。そしてなんだかいいなっと自分が思える文章を書いている人のブログを見つけることが出来るとなんだかいいご縁があったように勝手に思って嬉しくなり、更新されることが楽しみになります。

ブログからの出会い

ブログをきっかけに実際お会いした方もいました。海外移住当時は住んでいる地域に知り合いもいなく、同じような生活環境で同じ状況をブログにつづっている人にコメントを書かせてもらうこともありました。今となってはそんな自分の行動にちょっとびっくりですが(人見知りなのでコメントすることが恥ずかしいという気持ちがあります)当時はきっと何か共感を求め、同じような境遇の方と話したかったのかもしれません。

そんな中、ブログのやりとりを通して出会った女性の住む地域に用事があり、行くことを伝えると、快く会ってくださり、一緒にお茶を飲みながら色々話をしました。正直、ブログ内の交流だけにも関わらず、快く会ってくださり、またお土産まで用意してくれていた彼女。今となっては違う国に引っ越されて以来もう交流はありませんが、彼女の温かいおもてなしに当時は本当に嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱいでした。勇気を出して会ってみて良かったなと思いました。相手の方も勇気がいったと思います。顔が見えず、知らないからこと色々書けることからの良さ、そして怖さもあります。でも正直な思いをつづっているからこそ素敵な出会いもあるのだなと感じた体験でした。

 

私がブログを書く理由

 海外移住したことをきっかけに書き始めたブログ。最初は日本の友人に向けて書いていた日記のようなブログでしたが、今では一度何年か書いていなかった時期もあり、3年前にはてなブログに移行させて、その当時読んでいてくれていた友人にも伝えずひっそりと書いています。

今では動画でVlogなどを発信するかたも増えてきて、お気に入りだったブログ自体も更新が段々減り、無くなっているものもたくさんありますが、時代の流れと共に、そしてそれぞれ書き手の方の生活環境に伴って変化していくもので、自然な流れなのかなって思います。

楽しみにしていた移住当初のおきにいりブログは殆どが更新されなくなったり、終了されたりしてしまいましたが、更新が途絶えても残してくれている方のブログには今でもたまにお邪魔して昔の記事を読ませてもらったり、参考にさせて頂いています。まさにインターネット文学的な存在で、私のブックマークに長く保存されています。

活字が好きな私にとってはブログはあっているようです。自分で書いてみることで、書いてみることの難しさを学ぶことも出来ました。長期にわたって、頻繁に更新されている方は本当に凄いなと改めて感じました。

自分で色々振り返るにも、また自分が書き残しておきたいと思ったことを何かのご縁で、誰かが読んで、何かのきっかけになったり、ただ、なんかいいなと読んでいる向こう側の世界から思ってもらえていれば嬉しいなと思いつつ、これからも細々とブログを続けていけたらなと思います。

 

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」

人が握ってくれたお寿司を食べたい・・

お寿司は買うのではなく、作るように

 日本からスウェーデンに引っ越してきて何年かは、かつて日本で作ったことがなかったにも関わらず、頻繁にお寿司を作ることがありました。

日本から来たという背景から、人を家に呼んだり、一緒にご飯を作って食べようって話になると、決まって相手からのリクエストはお寿司だったからです。

続きを読む

いつものようで自分がちょっと違う夏

f:id:arcticmaricorima:20210614025709p:plain

(暗くならない夜再び)

朝家を出るとき、昼ご飯を食べるとき、そして家に帰る時も空が暗いと思っていたら、いつの間にか朝家を出るときも、帰るときもそして寝る時まで明るくなっていた。

 

続きを読む

北欧で愛されているあの黒いお菓子を食べてみました

低血圧ならあの黒いお菓子を


先日、会社の同僚に低血圧であるということを話すと、そこにいた同僚みんなに
「ラクリスを食べたほうがいいわよ」と言われました。
北欧に移住する前に食べて美味しい記憶がなかったラクリス。それ以来、私は食べたいと思ったこともなく、食べずに月日が大分経ってしまいましたが、スウェーデンの人は大のラクリス好きがたくさんいます。

 

ラクリスとスウェーデン語では呼ばれていますが、日本語では英語からリコリスと書かれているのが多いかもしれません。リコリスのお菓子は北欧ではとても愛されているお菓子の一つ。

キャンディー、グミ、アイスクリームからケーキ、チョコレートにも入っているどこでも買える大人気のお菓子です。

北欧やドイツに旅行に来られた方ならあのびっくりな真っ黒なお菓子を目にしたことがあるかもしれません。

続きを読む