Somewhere in the Arctic

北欧、在住7年目。家の窓からオーロラが見える、雪深い北極圏近辺でひっそり暮らしています

カンケンバッグではなく、コンケンバッグの中身

今週のお題「カバンの中身」

 

はてなブログを始めてまだ日は間もないですが、今週のお題というものがあることを初めて知りました。

このようにみんなでお題にそって、色々な方の投稿を読むのは楽しいですね。

 

私も毎日の通勤に使っているカバンの中身を記事にしてみたいと思います。

 

 

 

f:id:arcticmaricorima:20180426141354j:image

 

日本では「カンケンバッグ」と呼ばれている、こちらのリュックサック。

Product Guide KANKEN | フェールラーベン | FJALL RAVEN | 日本公式webサイト

私が持っているバッグはこちら。

 

 

発祥はスウェーデンで、80年代に、スクールバッグとして大流行しました。

またそのブームが再び帰ってきて、数年前から、またよく見かけるようになり、幅広い年代の方に持たれているこのリュックサック。

以前働いていた職場の40代の女性は、「このリュックがまた町中にあふれているなんて不思議!子ども時代の思い出がよみがえるわ~」と話していたのを良く覚えています。

 

実は、スウェーデン語では「コンケン」と読みます。

Aの上に小さな丸がついていて、これはスウェーデン語で使う特別なアルファベットの一つ。なので、スウェーデンでは「コンケン」と言わないと、最初はえっ?と聞きなおされました。でも世界中ではカンケンで知れ渡っています。

 

そんな、私のコンケンバッグの中身は、

 

  • HIROKO HAYASHIの財布
    プレゼントで頂いて、もう10年近く使っているこの財布。
    いい色合いになっています。
    小銭をぱかっと大きく開いて見ることが出来て、気に入っています。

  • 陰山手帳

    ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2018(アイボリー)

    ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2018(アイボリー)

     

     陰山手帳はリピーターで、今年で4年目。色々と書き込む欄が自分に合っていて、予定の管理から、お金、運動、読書記録など、これ一冊にまとめています。

  • ひつじのフェルトポーチ
    の中身は、携帯充電器です。
    こちらも頂き物。中もクッション性があって、充電器用ポーチになりました。

  • 折りたたみ傘
    神戸で購入しました。小さくて、濡れても、入れやすい袋、そしてカラフルなデザインがお気に入り。

  • 会社の携帯電話
    自分の携帯電話はいつもポケットに。

  • 反射鏡
    忘れてはいけない、反射鏡。2つ着いています。暗い時期が長い場所に住んでいるので、反射鏡はマストです。車の光などで反射して、私がいることを知らせてくれます。

 

これに加えて、お弁当を持っていくときはお弁当箱、サーモスのマイボトルが入ります。マイボトルや折りたたみ傘はサイドのポケットにすっぽり入るところが、このバッグの気に入った点です。

重いと肩が痛くなるので、これが基本の持ち物です。そろそろ雪も溶けてきたし、自転車通勤を再開したいこの頃。背負えるリュックは便利な通勤カバンです。