Somewhere in the Arctic

北欧、在住8年目。家の窓からオーロラが見える、雪深い北極圏近辺でひっそり暮らしています

わらびもちに番茶。

IMGP1835_convert_20120511021944.jpg

 

先週の週末は再び大雪。

気が滅入ってはいか~んとせっせとわらびもちを作ってみました。

わらび餅粉は日本から調達したもの。

小豆はこちらでも"AZUKI"と書いて、ヘルシーなお豆の一種と

して売っています。

 

小豆は以前に炊いて冷凍しておいたもの。

ほっこり番茶と頂きました。

 

わらび餅は初めて作ったので、ちょっと火の加減が悪かったのか

硬いわらび餅になってしまった・・

ぷるんぷるんしたものが食べたかったのだけど・・

 

夫はやはり日本に結構な年数いたけれども、小豆はあまり好きになれなかったみたい。

私としては小豆が好きだから独り占め出来てそれはそれで嬉しいのだけど(笑)

 

たしかに、以前にこちらに留学生として来た時に、日本語を勉強している学生達に

あんこのお餅を振る舞ったところ、これがまた不評・・

やはりあの触感と甘いお豆の美味しさに気づくのは時間が必要なのかもしれません。

 

8年前にこちらに来た時は、住んでいた場所が田舎だったのもあるけど、

本当に何もなくて、びっくりしたけど、やっぱり移民が増え、アジア人も

増え、そして寿司ブームの影響か、色々なお店で日本の食品も含め見ることが

増えて来たように思います。

 

先日、クラスのコから葉っぱの中に御飯が入ったブルガリアの家庭料理を

持ってきていたコがいたので、味見させてもらいました。

 

その葉っぱはぶどうの葉っぱ。こちらでは缶詰に入って売っているのだそう。

そんな話を聞いて、味見でもさせてもらわないと、ぶどうの葉っぱが

スーパーで売っているなんて知らなかったな。。

 

面白い小さな発見でした。