Somewhere in the Arctic

北欧、在住7年目。家の窓からオーロラが見える、雪深い北極圏近辺でひっそり暮らしています

冬時間

 

少し時間が空いてしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

あっと言う間に11月。今年もあと2カ月と思うと早いものです。

 

10月末の日曜日から冬時間になりました。

日本との時差はこれで8時間になります。

 

冬時間の意味が、日照時間がかなり短いこの北の北の国で果たして意味が

あるのかはわかりませんが、ちゃんと自動的に変わるデジタルの時計は

ともかく、うっかりと忘れていた置時計が一時間早いことに自分だけ

焦っていたり・・・

 

15時を過ぎると暗くなるこの頃。

さて、長い冬がやってきます。

 

先日は初雪が降り、勢いよく積もりましたが、あっという間に溶け、今は

また雪が積もるのはもう少し先になりそうな気がします。

 

 

先日8年ぶりに、留学時代に出会ったドイツ出身の友人と再会することが

出来ました。

 

彼女とは取ったクラスが同じだったことがきっかけで、その後一緒に旅行を

したり、またお互い帰国した後も頻繁ではないけれども、連絡を取り合って

いました。

 

ふと、会おうよ!ということになり、8年ぶりの再会。

 

8年って長いよね。。なんて言いながらも、そんな壁を感じさせることなく

「変わってないね」なんて言いながら、8年分の近況報告と、芸術を勉強していた

彼女との、美術館周りは、また新しい発見がたくさんあり、実りの大きい

週末を過ごすことが出来ました。

 

そんな彼女とカフェでお茶をしていた時のこと、隣の3人組の女性は20代後半ぐらいの

年齢で、みんなで編み物をしながらおしゃべり。

二人で「いいね」なんて言いながら、彼女たちの編み物をしながらお茶をしている

姿に思わず微笑んでしまいました。

 

こういった風景が寒い国の冬の過ごし方なんだなとほっこりした気分になりました。