Somewhere in the Arctic

北欧、在住7年目。家の窓からオーロラが見える、雪深い北極圏近辺でひっそり暮らしています

ドイツへの旅 其の2 ハンブルグ

 

f:id:arcticmaricorima:20180408195800j:plain

 

もうだいぶん前になりますが、まだ書けていなかったドイツ日記その2。

 

フランクフルトを後にし、向かった先はハンブルグ。

 

電車で約3時間。

 

ハンブルグに住むスウェーデン留学時代からの友人、アンケに会いに行きました。

10年前に留学先の大学で同じクラスを取っていたことをきっかけに知り合った

彼女。

 

お互い母国に帰国してからも、年に数回メールや手紙のやり取りは

していたけれど、久しぶりの再会を果たしたのは、私がこちらに

越してきてから、ストックホルムで。

その時が7年ぶりの再会。

 

今回はその彼女の住むハンブルグへ。

 

ハンブルグは個人的にも行ってみたかった街の一つでした。

 

船関係の仕事を日本でしていたこともあって、ヨーロッパ最大の

港ともいわれるハンブルグ、一度その港を見てみたいなと

思ってました。

 

やっぱりハンブルグの港はすごかった!

 

港沿いを一緒に散歩。

ちょうどお天気もよく、たくさんの人たちが日光浴、BBQをして

賑わってました。

 

そして港町で必ずといっても乗りたい、ボートクルージング。

ハンブルグでも乗りました。

 

夜はちょうど旬の白アスパラを買ってきてくれて、

白アスパラは茹でて炒めた玉ねぎとバターで和えるという

シンプルな料理方法で、白アスパラの甘さが感じられて

とても美味しかった。

 

またフランス人の彼がおすすめのパン屋さんで買った

パンと一緒に。

このパンが本当に美味しかったな。

ドイツのパンと、あとフランスの彼がおすすめのクロワッサン。

買いこんで家まで持って帰りたいくらい。。

 

帰る前に連れて行ってくれた、ハンブルク中心街にある大きな公園。

ここには日本から送られた木や花、そしてそれらで作られた

日本庭園がありました。

 

ちょうどツツジの花がいっぱいでとても良い香りでした。

 

久しぶりに素敵な友人と、素敵な町に出会えて、

よい一人旅でした。