Somewhere in the Arctic

北欧、在住8年目。家の窓からオーロラが見える、雪深い北極圏近辺でひっそり暮らしています

北から南へ1500Km横断 会いたい人に会いに行く旅。 其の2 Växjö & Alvesta

5月に、今年は長年会っていない、会いたい人に会いに行こう!と思っていた思いを実現するため、スウェーデン横断の旅に出かけました。 

 

其の1はこちら。

arcticmaricorima.hatenablog.com

 

ストックホルムから電車に乗り、4時間。

スモーランド地方にある、ベクショー(Växjö)という町に到着。

 

 電車の乗り換えが手前の駅であったのですが、ちゃんと確認しておらず、電車への乗り換えではなく、バスに乗り換えないといけないということで、一度駅を出なくてはならず、焦りました。。

 

電車4時間って意外とあっという間です。

外の景色を眺めたり、読みたいと思っていた本を何冊か読んだり、電車の中を観察したり、ぼーっとしたり。

こういう時間、私は大好きです。

 

無事に友人と再会。

彼女と初めて会ったのが2015年の夏。約3年ぶりの再会。

共通の友人を通して知り合った彼女。

 SNSを通してやり取りをしていたこともあって、会えたら色々と話したいなと思っていたことが沢山。

 

同じスウェーデン国内でも、北と南では違った環境や生活習慣。学校のことや仕事のこと、家族のことなど、色々と日本語で沢山話をした楽しい週末となりました。

どこの国に住んでいても、スウェーデンはこうでしょ!?みたいに、国単位で一つのイメージを作られがちですが、こうやって実際に違う地方に住んでいる人と話すって、同じ国でもいろいろ違っていて面白いなと思います。

 

北欧といっても国によって違うし、スウェーデン国内でも地方によって、また町や村によって習慣も方言も、そして人柄も全然違う。

日本でも同じことが言えますが、やっぱりその場所に足を運んで、自分で感じて、その地域に住んでいる人と話すってとても刺激になるし、楽しいなとこの旅を通して思いました。

 

そして私は北の地方の方言が出ているようです(笑)そういったことも実際に住んでいる場所では気付きませんが、違う地方で、気付いた人に言ってもらうのも新鮮です。

6年半の間に北スウェーデン弁がちゃんと少しでも身についているのですね。

 

 

日本食が食べたいというリクエストをさせてもらい、パートナーの方と二人で沢山美味しいものを作ってくれました。

 

f:id:arcticmaricorima:20180611044855j:plain

 

美味しいものを頂き、美味しいお酒を飲みながら、沢山話をして、沢山元気と幸せを頂きました!

 

そして友人と一緒に、更に会いたかった人が経営するカフェへ。

 

f:id:arcticmaricorima:20180611045440j:plain

 

こちらもWhiteguideに載っている、アルベスタ(Alvesta)という町にあるCafe St.Clair

スウェーデンと日本が融合した地元の方に愛されるカフェです。

カフェには毎日来られる常連さんも沢山いて、温かい雰囲気に包まれていました。

オーナーの日本人女性は、私が初めてスウェーデンに来た、14年前に知り合いました。彼女はいつも明るくて、元気で、ポジティブで、出会ったときからずっと沢山の元気と勇気を頂いています。

 

そんな彼女と彼女の旦那さんがされているカフェ。

本日のランチは、ラムのハンバーグとご飯にお味噌汁。

美味しいお味噌汁とご飯が頂けるカフェっていいな。やっぱり日本人。

ほっとする味です。

こういうカフェが家の近くにあったら、私も毎日のように通いたい!

 

パンもケーキも全部自分達でお店で作られています。

シナモンロールにカフェラテ。こちらも美味しかった♪

f:id:arcticmaricorima:20180611050643j:plain

 

滞在中2日連続お茶しにいきました。

こちらでも美味しいものを沢山食べ、充電されました。

Alvesta駅の近くにあるカフェなので、乗り換えの際は乗り換えの時間に余裕を持たせて、是非カフェでゆっくりしていってみてください。

お世話になりました。どうもありがとう!

 

さて、私は更に南の町へ。

 

(更に続きます)